ダイエットスープによる体質改善法とは

スープダイエットのメリット・デメリット

スープダイエットのメリットのひとつとして、まずしなければならないことが簡単で、ストレスがたまりにくいということがあります。ふたつめのメリットとしては、確実に痩せるという点です。ダイエットスープ自体は、600〜700キロカロリーしかありません。スープダイエット中に食べられる野菜類は、300キロカロリーくらいで、フルーツの場合500キロカロリーです。スープダイエットが行われている1週間で、肉を食べない5日の間に野菜スープと野菜や果物を少々食べても、1日のエネルギー摂取量はせいぜい1500キロカロリー程度なので、まずたいていの人が体重が落ちるはずです。ダイエットについてある程度知識を持っていないとしても、問題なくだれでも取り組むことができるのがスープダイエットのメリットのひとつといえます。スープダイエットのデメリットは、まずたんぱく質の摂取量が少なすぎるということです。体を壊してしまうというわけではありませんが、肉を食べる日のみで、不足しているたんぱく質の量を補修するという、いびつな形の栄養摂取方法になっているといえます。炭水化物の量が足りないという事もデメリットで、スープダイエットのスケジュールで得られる炭水化物の量は、果物から得られる小さい量の糖に偏ってしまっている点です。摂取する糖が少ないと、血糖値や中性脂肪の血中量の調整が難しくなる為、スープダイエットのスケジュールは栄養専門家からすれば、おすすめのダイエットでは無いかも知れません。デメリットのあるスープダイエットで仮に痩せられれたとしても、スケジュールを終えるとリバウンドしてしまうという悪循環も考えられます。このように、スープダイエットは短期の間にダイエットしたい場合に利用するダイエット法といえます。
| 食事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。