野菜スープダイエットを継続させる成功法

野菜スープを使ったダイエットは、簡単な方法でだれもができるダイエット法なのです。まず夕食の時必ず最初にこの野菜スープを1皿以上食べ、そして1週間は毎日続けて食べてください。このスープなら、お腹いっぱい食べてもいいということです。このスープダイエットをもっと確実に行いたいという場合は、スープを飲むだけでなく、揚げ物やクッキー、パンなどを控え、肉類、焼き魚をできるだけ避け、甘味料を摂らないようにするなども実行するといいでしょう。このような野菜スープを食べるのを、毎日続けなければならないというと、いずれは飽きてしまうのではと心配になるかもしれませんが、味付けは自由なので、カレー味やしょうゆ味など、好きなように工夫していけばいいのです。また、毎日夕食をきちんととることに無理があるという人は、朝食のときや昼食のときに食べるようにしてもいいのです。基本的に、野菜スープダイエットはこの野菜スープを無理することなく好きなときに食べればいいのです。ダイエットを決意してもなかなか食欲を抑えることができないという人も多いかもしれませんが、野菜スープダイエットではこのスープをお腹いっぱい食べても良いですし、肉もゆでたり蒸したりすれば食べることに問題はありません。また、こんなスープダイエットで作られる野菜スープは、どんな人でも食べられる体によいスープなのです。ですから家族みんなで食べることができます。ただし持病がある人がスープダイエットをする場合は念のためかかりつけの医師に相談してから行ってください。そんなダイエットの効果のみならず、体にもよいとされる野菜スープを利用したスープダイエットは、体の内側からきれいにしてやせたい人にとってはもってこいのダイエット方ということができるでしょう。
| 食事

ダイエットスープのレシピ

ダイエットスープによるダイエットを実際に行うために、ダイエットスープのレシピをご紹介いたします。用意する野菜は、セロリ 1/2〜1本、キャベツ1/2個、玉ねぎ 大3個、ピーマン 大1個で、それぞれを一口くらいの大きさに切っておきましょう。野菜を準備したら大き目の鍋にチキンスープの素1個、ホールトマト1缶と共に入れ、水をひたひたまで加えたら10分煮込み、あとは好みで煮込むようにします。味付けに塩コショウを加え、もしお好みならカレーパウダーやチリソースを加えて味を調えればダイエットスープができます。ダイエットスープは決められた7日間のスケジュール内で食べるもので、1日目はスープとフルーツを食べます。フルーツはバナナ以外であればなんでも良く、水分は水、もしくは100%果汁のジュースです。2日目は、スープと野菜の日で、油を使わなければ野菜の調理法は自由で、豆やスイートコーンを除いて種類も自由です。3日目に食べるのはスープとフルーツと野菜で、ダイエットスープも野菜もフルーツも、量に制限はありません。4日目は、スープ、バナナ、そしてスキムミルクの日となっており、バナナ3本を食べて、水を多めに飲みますが、500CCの水でスキムミルク適量を溶き、飲むようにします。5日目はスープ、肉、トマトを食べるのですが、肉は豚肉か皮がない鶏肉、もしくは煮魚を350〜700g、トマトなら6個まで食べられます。6日目は、スープと牛肉と野菜の日で、牛肉、野菜はいくら食べてもOK、1杯はダイエットスープを飲みましょう。最後の日には、野菜と玄米、フルーツジュースを摂るのですが、野菜、玄米、100%のフルーツジュースを摂り、ダイエットスープは1杯飲むようにします。
| 食事

スープダイエットのメリット・デメリット

スープダイエットのメリットのひとつとして、まずしなければならないことが簡単で、ストレスがたまりにくいということがあります。ふたつめのメリットとしては、確実に痩せるという点です。ダイエットスープ自体は、600〜700キロカロリーしかありません。スープダイエット中に食べられる野菜類は、300キロカロリーくらいで、フルーツの場合500キロカロリーです。スープダイエットが行われている1週間で、肉を食べない5日の間に野菜スープと野菜や果物を少々食べても、1日のエネルギー摂取量はせいぜい1500キロカロリー程度なので、まずたいていの人が体重が落ちるはずです。ダイエットについてある程度知識を持っていないとしても、問題なくだれでも取り組むことができるのがスープダイエットのメリットのひとつといえます。スープダイエットのデメリットは、まずたんぱく質の摂取量が少なすぎるということです。体を壊してしまうというわけではありませんが、肉を食べる日のみで、不足しているたんぱく質の量を補修するという、いびつな形の栄養摂取方法になっているといえます。炭水化物の量が足りないという事もデメリットで、スープダイエットのスケジュールで得られる炭水化物の量は、果物から得られる小さい量の糖に偏ってしまっている点です。摂取する糖が少ないと、血糖値や中性脂肪の血中量の調整が難しくなる為、スープダイエットのスケジュールは栄養専門家からすれば、おすすめのダイエットでは無いかも知れません。デメリットのあるスープダイエットで仮に痩せられれたとしても、スケジュールを終えるとリバウンドしてしまうという悪循環も考えられます。このように、スープダイエットは短期の間にダイエットしたい場合に利用するダイエット法といえます。
| 食事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。